クレジットカード

債務整理q&a

債務整理後に作れるクレジットカードについて

投稿日:

債務整理後のクレジットカード

債務整理後、クレジットカードがないと不便ですよね。
しかし、債務整理をするとブラックリストに載ってしまうためクレジットカードは使うことが出来ませんし、新規発行することも出来なくなります。
ブラックリストに載る期間は、債務整理の種類によりますが短くて5年、長くて10年間となります。
しかしクレジットカードがない生活は不便です。特に今まで買い物はネット通販が中心だった方は、一々振り込む用紙を持ってコンビニ、銀行などに行くのは面倒・・・。
しかし、債務整理後に作ることが出来るクレジットカードもあります。
そうしたクレジットカードを作り、ブラックリストから事故情報が消えるまで乗り切りましょう。

債務整理後に作れるクレジットカードについて

債務整理後、どうしても買い物にクレジットカード決済をする必要がある、といった場合もあると思います。

その場合に取れる方法としては次のようなものがあります。

  • 家族カードを持つ
  • デビットカードを作る

それぞれ、詳しくみていきましょう。

家族カードを持つ

自分が本会員だった場合には、家族に持たせていた家族カードも使えなくなってしまいます。

しかし、親であったり、妻(夫)が正社員として働いたりした場合には、信用がありますのでその方ならクレジットカードの新規発行の審査も問題無く通るでしょう。

家族カードを作ってもらい、必要な時に買い物や決済に使わせもらう、といった方法を取ることが出来ます。

家族カードを利用する際の注意点

家族カードを利用する際に気をつけたい注意点としては、

ここにタイトル

  • 利用上限金額は、本会員と共有
  • 請求が本会員にいくので使い過ぎに注意
  • 購入履歴が本会員に全てバレる

といったことがあります。

購入履歴は全てバレますので、利用目的には注意が必要です。

債務整理をしているということで、家族からの目も厳しくなっていると思いますから、少し大きめの金額の決済に関しては、先に伝えておいた方が安心かもしれませんね。

家族だからこそ、カードの使い方でトラブルに発展するとその後が大変になる可能性もあります。

デビットカードを新規発行する

デビットカードは債務整理後でも新規に作ることが出来ます。

デビットカードの特徴は、即時決済型ということです。

利用した際には、すぐに銀行口座から決済されます。
つまり、残高以上の買い物が出来ない、ということになります。

必要な時には銀行口座にあらかじめお金を入れておき、決済をすることが必要です。

借金ではなく、口座にある自分のお金を使う事になりますから、基本的には口座を持っていれば誰でも発行することが出来ます。

債務整理後でも発行できるので、必要な時にすぐに利用出来るように作成しておくのもオススメです。

任意整理で整理するクレジットカードを選んだ場合

個人再生や自己破産の場合には全ての借金を対象として手続きを行いますので、一部のクレジットカードだけ残すといったことはできません。
(個人再生の場合には、住宅ローンだけ特則適用で対象から外すことができます)

しかし、任意整理の場合には残したいクレジットカードを整理の対象から外すことで、その後も利用出来る可能性があります。

任意整理の場合には、借金がほとんど無いカードはあえて整理する必要は無いと考えることも出来ます。

未使用のカードは借入がないのですから、整理の対象になりません。

その後、使用することは可能ですが途上与信で利用が止まる可能性もあることは忘れてはいけませんが、債務整理後であってもクレジットカードを利用することは出来るでしょう。

もちろん、利用した分はしっかりと返済することが必要になります。

ブラックリストはいつまで残る?

信用情報機関のブラックリストに載ると、いつまで事故情報が残ってしまうのでしょうか。

ブラックリストに載る期間は5年~10年、と言われますが債務整理の種類により期間は異なります。

信用情報機関 自己破産 個人再生 任意整理
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年 なし なし
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 10年 10年 5年

となります。

債務整理の種類によってブラックリストに載る期間が異なりますので、その後にクレジットカードを発行しようと思う際には、期間を間違えないように注意をする必要があるでしょう。

また期間が過ぎてもブラックリストがすぐに消えない可能性もあります。

なかなかクレジットカードの審査などに通らない・・・と思った場合には、自分の信用情報の状態を確認する方法があります。

まだ自分はブラックリストに載っているの?確認方法について

債務整理後、5年経った。10年経った。

といった場合、早くクレジットカードを作りたいといった事情がある場合には、

「まだ自分は現在ブラックリストに載っているのかどうか」

を早く確認したいと思うはずです。

自分がまだ、

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

といった信用情報機関に事故情報が残っているかどうかを調べるには、それぞれ次のページから情報開示の方法を確認することが出来ます。

スマホなどから申し込めるところもあれば、郵送で行う場合もあります。

本人確認書類など必要な書類についても書かれていますから、不足のないようにお申し込みをされてください。

ブラックリストからもう消えている時期のはずなのに、クレジットカードの審査が通らない・・・といった時などは、こうした信用情報機関の情報開示を利用して事故情報について確認をすることが出来ます。

-債務整理q&a
-

Copyright© 債務整理 無料相談| 確実に借金減額したい方へ , 2019 All Rights Reserved.