借金問題の相談は専門家へ

債務整理の相談先

借金返せない 匿名・無料で相談できる方法

更新日:

借金返せない、どうすればいいか相談したい

借金が返せない、と悩んでいる方も多いと思います。消費者金融、クレジットカード会社からの借入金。
返済しても返済しても減らない借金。どうしてこんな借金額にまで増えてしまったのだろう・・・と思っても借金の支払い日はまたやってきます。
借金問題を解決する、国が認めた借金減額法があります。債務整理の方法です、返せない借金問題を解決することが出来る債務整理を相談するには、最初は匿名・無料相談を利用される方法がおすすめです。

⇒ 過払い金・債務整理の実績が豊富、費用も安い【東京ロータス法律事務所】

借金が返せない時の無料相談先

借金が返せない・・・どうしたらいいんだろう

最初は10万円、といった少額だったはずの借金が気がつけば100万円、200万円、中には500万円といった借入額まで膨らんでしまっている方もいるかもしれません。

今月は親に頼み込んでお金を借りてなんとか支払い日にはなりそう。

仕方無いから他のクレジットカードで借りて、返済に充てるしかない・・・

借金問題で大変なのは、払っても払っても減らない状況に陥っている時です。
特にリボ払い地獄という言葉があるように、ショッピングリボによる債務整理が増えています。

リボ払いの金利の高さと、月の返済が1万円、2万円での固定など、買い物をする時の手軽さなど、借金の総額が分かりにくいことも原因でリボ払い地獄に陥ってしまいやすいのですよね・・・

借金が返せない、とお困りの方の中にはショッピングリボの借金が200万円以上、という方も少なく無いのではと思います。

問題はこの先もずっと借金が返せない問題に悩まされる、ということ

とりあえず今月の借金の支払い日には間に合ったとしても、問題はこの先もずっとこの状況を続けていかないといけない、ということです。

人によってはさらに借金が増えてしまいます。

  • 借金が返済できる見込みが無い場合
  • 借金を返済しても元本が減らない状況になっている
  • 借金返済で生活が圧迫されている生活苦

といった状況の場合、できるだけ早く借金問題の専門家へ相談をすることが大切です。

借金額が増えてくると、だんだんとまともな思考が出来なくなってくるものなんですよね・・・

冷静に、客観的に、あなたの借金問題をどうすれば解決に導くことが出来るかを知っている専門家に相談することが必要です。

そうした場合の相談におすすめなのが、匿名・無料で借金減額診断を依頼する方法です。

匿名・無料で借金が減額できるか分かる相談先

借金減額診断シミュレーターと言いますが、借金問題に関して経験豊富な弁護士へ「あなたの借金が減額出来るかどうか」を匿名で無料相談することが出来ます。

⇒ イージス法律事務所 借金減額シミュレーター

返せない借金だから悩むんですよね・・・。

債務整理の手続きを取ることによって、それを返すことが出来る借金に変えることが出来ます。

債務整理には、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

とあります。

これら債務整理の手続きの中で、あなたの借金状況、収入・資産の状況に応じて適した方法が変わってきます。

そうした借金問題の解決に向けての相談が出来る入り口として、借金減額シミュレーターはおすすめの方法です。

債務整理で借金が減額出来る

債務整理には、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

という方法がありますが、こうした債務整理の手続きいずれを行ったとしても、あなたの借金を減らすことが出来ます。

家族に借金が内緒、借金問題を抱えていることがバレたくない、といった場合にも弁護士や司法書士は対応してくれます。

借金額が140万円以下であれば司法書士へ相談しても対応が可能です。

借金額が140万円よりも多いのであれば、弁護士へ無料相談がおすすめです。
弁護士は借入額がいくら多くても対応することが可能です。

借金が返せないとどうなる?

借金が返せないと、どうなるのでしょうか?

督促、差し押さえ

滞納するとまず、電話による督促が来ます。

督促、といってもきつい電話で詰められると言ったことはなく、あくまでこの段階では「お支払いをお忘れのようですが、いつまでに支払をお願い致します」といったような電話の内容です。

払いたくても払えない、といった状況に陥っている方の場合には、

  • 電話に出ない
  • 督促を何度受けても支払えない

といった状況になることが多く、次の段階として「内容証明郵便」で督促状が届きます。

これは裁判所への証明書といった役割も果たすものです。

返済を促すためにできることはしましたが、支払ってもらえないので強制的に差し押さえをしたい、といった段階が近いことを意味します。

消費者金融の担当者が自宅に来るケースもあります。
(あくまで今後の支払に関しての相談ということで、訪問を受けます)

その次には、簡易裁判所からの支払督促が来ますが、払えるなら払っていると思います。

借金が返せないのですから、当然、裁判所からの支払督促にも応じられません。

そうして、口座の差し押さえ、給料の差し押さえといったことになります。

ここまでの期間として、半年かからない方も多いようです。

思っている以上に早く督促、差し押さえまで進みます。

給料の差し押さえ、といったことになれば会社にも借金問題がバレますから、非常に居にくくはなるでしょう。

ブラックリストに載ってしまう

借金の返済をしないでいるとブラックリストに掲載されてしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、所有しているクレジットカードが使えなくなります。

各種ローンの審査も通りませんし、当然ですが新たなクレジットカードの発行もできなくなります。

ブラックリストに載ると、約5年ほどはこうした状況になってしまいます。

日常生活で影響があるとすれば、ブラックリストに掲載されることが大きな影響になるのではないでしょうか。

財産・給料の差し押さえ前に、専門家に相談を

借金が返せない状況、督促が続き、さらには督促の間隔も短くなってくるとなんだかよく考えらない状況(思考停止)に陥ってしまうかもしれません。

返したくてもお金がないから返せない・・・

借金問題は早めに対策をすることが大切です。

放っておいても解決に向かうことはありません。

借金がどうしてもこれ以上返せない場合、早めに弁護士や司法書士など債務整理の専門家に相談をすることが大切です。

借金の時効まで待つのは無理

ご存じの方もいるかもしれませんが、借金には時効があります。

しかし、5年~10年もの長い間、消費者金融などから逃げるのは無理ですし、逃げ続けるのは現実的ではないですよね。

であれば、債務整理を行い生活を立て直した方が良いのではないでしょうか。

借金が返済不能な状況であれば、自己破産で借金がゼロ(帳消し)になります。

個人再生を行えば、借金額が5分の1などに減額されます(借金額により減額される金額は変わります)。

任意整理を行う事で、将来利息のカットができますから返済が楽になります。
借入時期が古く、取引が継続していた方の借金の場合には、過払い金がある可能性もありますね。

過払い金請求に関しても、債務整理に対応できる弁護士や司法書士は対応してくれます。

100万円、200万円、300万円・・・と返せない借金額は人それぞれ、と思います。

借金が返せない・・・と返済をせずに放置していても状況が悪くなるだけです。

⇒ 借金返せない 匿名・無料で相談できる方法

でご紹介したような、匿名・無料相談が可能な経験豊富な弁護士へ相談をされる方法をオススメいたします。

あなたに適した債務整理の方法をアドバイスしてもらえますし、専門家に借金の悩みを相談出来るだけで気持ちが楽になると思います。

-債務整理の相談先
-,

Copyright© 債務整理 無料相談| 確実に借金減額したい方へ , 2019 All Rights Reserved.