シングルマザーの借金問題

借金減額

母子家庭、シングルマザー 借金減額の方法

更新日:

母子家庭、シングルマザーの借金減額 方法について

母子家庭、シングルマザーの場合、経済的に苦しいことが多いと思います。
実際、シングルマザーの債務整理の件数は多いそうです。
収入が乏しいため、シングルマザーの場合は借金100万円以下での自己破産も十分認められるケースは多いのです。
自己破産をせずとも、任意整理、個人再生で借金返済を楽にすることも可能です。
借金問題は時間が経つとさらに深刻化することが多いです。
これ以上の借金返済が難しい・・・といった場合には、早めに専門家に無料相談をされることをおすすめします。

⇒ イージス法律事務所 借金減額シミュレーター

シングルマザーの貧困率

いきなりなのですが、手取り収入はいくらでしょうか?

というのもシングルマザーの貧困率は高いのです。

小さな子供を抱えて思うような就職先を見つけることが出来ず、パートなど非正規雇用で働く方が多いためです。

非正規雇用の場合、年収は120万円~130万円といったケースが多く、月収は10万円ほど。

シングルマザーは非正規労働者が多く収入が乏しいため、借金がもしあった場合には、その返済がとても大きな負担になっています。

借金をした理由も様々と思います。

理由を問わず、借金問題を解決したい、これ以上の支払はもう難しい・・・という悩みを抱えているのであれば、精神的に追い詰められる前に借金減額の方法、つまり債務整理を行うことをお考えになってみてください。

任意整理、個人再生、自己破産と主な債務整理の方法は3つあります。

いずれの債務整理の手続きを行っても、今よりも借金問題の負担は軽くなると思います。

母子家庭、シングルマザーの債務整理について

前の夫の借金返済、親の借金返済、子供の学費のための借金、病気をした時の借金返済など、理由も様々あると思います。

借金理由として、やむにやまれずといった事情がある女性もいるでしょう。

借金により生活が圧迫される場合、債務整理を行うことで生活が楽になります。

メリットもありますし、デメリットもあります。

しかし、今後も借金返済を続けていくことを考えてみた場合、

  • いつ借金返済が終わるか分からない
  • 毎月の返済額が大きく、生活が成り立たない

といった場合には、債務整理を行い借金減額などされた方が良いかもしれません。

債務整理の手続きには、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

と3つあります。

時間が経つにつれ、借金が増えてしまっている場合には出来る限り早く、借金問題の対策をしなければなりません。

任意整理

最も多く行われている債務整理の方法が、任意整理です。

クレジット会社、消費者金融など債権者と交渉をして、利息カットや借金減額をしてもらいます。

債権者との交渉は、専門家に依頼する方法が一般的です。
弁護士や司法書士に依頼をする事になります。

利息カットや借金減額の交渉を行い、その上で残った借金残額を3年(場合によっては5年など)かけて、返済を行っていきます。

返済が前提となりますので、収入がなければ難しい任意整理の方法となります。

しかし、支払利息をカットすることで確実に借金が減る状況にすることが出来ます。

今まで返済しても、半分以上が利息支払に充てられていた、といった場合にはとても返済が楽になると思います。

任意整理は裁判所を通さずに債権者との交渉となりますので、手続きも簡単というメリットもあります。

個人再生

個人再生は、裁判所を通して手続きを行う必要があります。

借金の総額により減額される金額に上限はありますが、借金が5分の1程度まで減額されますので、返済がかなり楽になる債務整理の手続きです。

住宅を残したい、といった場合にも選択される方が多いです。

個人再生を利用する条件として、継続した収入があること、とありますがパートであってもお仕事をお持ちであれば手続きは可能です。

自己破産

自己破産は、債務整理の手続きの中では最も強力となります。

裁判所を通じて、借金をゼロにしてもらいます(帳消し)。

ただし、一定以上の財産がある場合には、処分をしなければならないといったデメリットもあります。

マイホーム、車、高価な家電、ブランド商品などを手放す必要がありますが、シングルマザーで債務整理が必要なほど追い詰められている場合、これら資産がある方は少ないと考えられますので、実際にはデメリットにはならない場合が多いと思います。

自己破産の免債が下りるまで、警備員、生命保険の募集人など一定の職業に就けないといった制限もあります。

債務整理のデメリットについて

債務整理をすることで、借金返済に苦しんでいた生活は確実に楽になると思います。

しかし、借金減額や将来利息カットなどメリットがある一方で、デメリットもあります。

債務整理を利用することを考えた場合、これから女手一つ、子育てしながら生活をしていく上でどういった影響があるかも考えておく必要があるでしょう。

以下、簡単にそれぞれの債務整理のデメリットをみていきましょう。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットとしては、

  • 借金を大幅に減額出来ない
  • ブラックリストに載ります(5年間で解除)
  • 一定期間ローンが組めなくなり・クレジットカードの審査に受からなくなります
  • 債権者が合意してくれなければ、任意整理は不可能

といったものがあります。

個人再生(民事再生)のデメリット

個人再生のデメリットとしては、

  • 官報に掲載されます
  • ブラックリストに載ります(5~10年間程度で解除)
  • 同居する家族にはバレる可能性は高い

といったものがあります。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットとしては、

  • 財産を処分する必要があります
  • 資格制限のために一定の職業に就けなくなる
  • 官報に掲載されます
  • ブラックリストに載ります(5~10年間程度で解除)
  • ブラックリストに乗る

といったものがあります。

母子家庭、シングルマザーが借金減額するには

元々の収入が少なく、生活費が足りないために消費者金融やクレジットカードなどで借金をしてしまっているのですから、返済はすぐに苦しくなってしまうケースが多いのです。

もしかすると、ご本人も頭では分かっていながら・・・いま、生活が苦しいために借入をしてしまう、といったこともあるかもしれません。

この先、転職などによって収入が上がり借金返済の目処がつく、といったことでも無い限りは借金は増え続ける可能性があります。

母子家庭やシングルマザーが借金問題を解決するためには、債務整理の方法をとる方法が良いのではないでしょうか。

母子家庭、シングルマザーこそ借金問題解決に債務整理を

債務整理の方法には、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

とあります。

例えば、最も利用されることが多い任意整理では、消費者金融やクレジットカード会社と依頼した弁護士が交渉を行い、将来の支払利息をカットすることで借金返済金額を減額することが出来ます。

また返済期間も長く調整してもらうことにより、月々の返済額を減らし生活費に回すことが出来ますから、返済が楽になりますね。

自己破産は裁判所に申し立てを行い、認められれば借金をゼロ、帳消しにすることが出来ます。

借金の金額が問題になることは無く、

支払不能状態

であるかどうかで判断されますから、母子家庭、シングルマザーの場合には借金額は100万円以下と少額であっても自己破産している人は多いということです。

自己破産は債務整理の中でも、最も強力な借金解決方法となります。
どれだけ借金があってもゼロになるのですから・・・

しかし、その代わりに一定金額以上の資産は全て処分しなくてはなりませんが、シングルマザーの場合、そこまで価値のある資産をお持ちの方も少ないでしょうから自己破産をすることで、それほど大きなデメリットはないのではないでしょうか。

それよりも、借金が無くなるというメリットの方が大きいということであれば、見栄などを気にせずに自己破産を申し立てを行い、生活の立て直しを目指したほうが良いかもしれません。

将来のために債務整理を

シングルマザーはどうしても子供が小さいために働き方が制限されてしまいます。

正社員を目指して就職活動をしても、なかなか難しい。
自宅近くで良いと思った仕事へ応募しても、不採用。

結局、時間の融通が利きやすいパートで働くことになり、それほど多くは無い月収で生活費をやり繰りすることに。

子育てもお金がかかります。
食費も必要です。

切り詰めても生活費が足りなければ、借金をしてしまうこともあるでしょう。

「給料日が来たら、すぐに返そう・・・」

しかし、さらに生活が苦しい場合には、借入を重ねてしまう。
借金の返済に終われる日々が始まってしまいます。

返済がなければ、もう少し生活が楽なのに・・・。

そうした母子家庭やシングルマザーの方も多いのではと思います。

「払っても払っても借金が終わらない」

「多重債務になってしまっている」

そうした場合には、出来るだけ早めに借金問題の解決のために専門家に相談をされることをお勧めします。

借金問題は、時間が経てば経つほど深刻化していく傾向が強いです。

任意整理で返済をするにしても、依頼する弁護士もタイミングが早い方が交渉しやすいのではないでしょうか。

ちなみに長く借金返済をしている場合には、過払い金請求ができる可能性もあります。

ショッピングリボのみ、といった場合の借金は金利が法定内ですから過払い金はありません。

高い金利での借入がある方、グレーゾーン金利が廃止される2010年以前の借金がある場合、過払い金がある可能性があります。

債務整理と合わせて過払い金の有無も調査してもらえますから、弁護士や司法書士に相談をされることをおすすめします。

例えば、イージス法律事務所は、債務整理の実績も豊富で、過払い金なども調べて貰う事が出来ます。

⇒ イージス法律事務所 借金減額シミュレーター

まずは上記、借金減額診断シミュレーターで借金がどれくらい減るかを「匿名・無料」で診断してもらうことができます。

借金に連帯保証人がいる場合

もしかすると、借金に連帯保証人がいる場合もあるでしょう。

個人再生、自己破産をする場合、あなたの代わりに連帯保証人に債務者から請求がいくことになります。
連絡も無しにしていると、突然、借金返済の連絡がきて困惑することになりますし、人間関係も破綻する可能性があります。

事前に説明をしておくことが大切となります。

借金の金額が500万円、1,000万円と大きい場合には、最悪の場合には連帯保証人も一緒に自己破産をしなければならない・・・といった可能性もあるかもしれません。

身内が連帯保証人という方も多いと思います。

もし連帯保証人がいる場合に、個人再生、自己破産をする場合、事前に説明をしておくことが大切ではないでしょうか。

母子家庭が債務整理するデメリットとは

債務整理をすると、任意整理、個人再生、自己破産と方法に応じてデメリットがあります。

ただ、いずれの方法を選ぶにしてもシングルマザーの場合それほど資産をお持ちではないと思います。

例えば、自己破産をするにしても、そこまで問題となることは無いのではないでしょうか。

同居する家族に内緒にしたい場合、自己破産した方が良いのに選べない、といった方もいるのですが、そうした制限もないでしょう。

借金を残して返済を続けるよりは、いっそ自己破産、といった選択肢も取りやすいのではとも思います。

将来の生活のために立て直しをするのであれば、借金の総額にもよりますが自己破産を選択して、全ての借金を無くす方法が良い場合は多いのではないでしょうか。

収入が乏しいシングルマザーの場合、借金が100万円以下でも自己破産をされている方は多いのです。

毎月の返済額が減れば返済が可能、といったことであれば任意整理でもよろしいでしょう。
デメリットが少なく手続きも債務整理の中では最も簡単です。

裁判所へ行かなくても良いですし、弁護士事務所へ行く回数も最低限に抑えることが出来ます。
その分、仕事を休まなくて良いですよね。
生活への影響も少ないと思います。

仕事に影響がある場合、時給で働く場合には働く時間が減ることは収入減に直結します。

どの債務整理の方法が適した方法なのかは、自分では判断が難しい所です。

借金の総額や収入状況にもよりますので、あなたに適した債務整理の手続きに関しては、一度、弁護士や司法書士など借金問題のプロに相談をされることをオススメします。

いきなり弁護士事務所に連絡をするのはハードルが高い・・・といった場合、借金減額診断を利用する方法がおすすめです。

⇒ イージス法律事務所 借金減額シミュレーター

どれくらい借金が減るかを診断してもらい、それから具体的に相談をすることも可能です。

母子家庭、シングルマザーが債務整理する時の注意点

債務整理をすると任意整理では将来利息をカットし借金返済の減額ができたり、自己破産では借金がゼロになります。

しかし、先ほどもこうした借金減額の方法にはデメリットもあります。

債務整理後のブラックリストに注意

債務整理をすることで、信用情報機関に事故情報として載ることになります(ブラックリスト)。
ブラックリストに載ることによるデメリットはもしかすると、生活の中で影響がありそうです。

ブラックリストに載ることで5年、場合によっては10年間は、

  • クレジットカードが使えない
  • 新たにローンを組めない
  • スマホの分割払ができない
  • 保証人になれない

といったことになります。

新たにお金を借りるのは絶対に避けるべきですし、収入の範囲内で生活をする、ということに改めて慣れることが必要でしょう。

また後ほど触れますが、ブラックリストに載っている間は奨学金の保証人になることが出来ません。

債務整理をしていると将来、子供の奨学金を借りることが出来ない?

お子さんの年齢にもよりますが、ブラックリストに載った状態だと保証人になることができません。
ブラックリストに載る期間は5年、長いと10年となります。

子供が大学に進学する場合、奨学金を利用されるケースが多いですが保証人になれません。

しかし、親がブラックリストに載っていたとしても次の方法で奨学金を借りることは可能です。

  • 親族に保証人をお願いする
  • 機関保証制度を利用する

といった方法があります。

頼れる親族がいないといった場合もあるでしょう。

その場合には、機関保証制度を利用する方法が良いかと思います。

機関保証制度とは

機関保証制度については知らない方も多いと思います。

毎月費用(保証料)が必要にはなりますが、保証機関が連帯保証してくれる制度です。

これにより、親族に連帯保証人を頼む必要がありません。

ただデメリットがあり、毎月の奨学金から保証料が引かれますから手元に振り込まれる金額は少なくなります。

奨学金の返済も、将来心配かもしれません。
(奨学金の返済が出来ず、債務整理といったケースも増えていますからね・・・)

母子家庭、シングルマザー 借金減額の方法

母子家庭、シングルマザーが借金問題を解決する方法としては、一時的にお金が入ってくる予定、給料が大きく上がる、といった見込みが無いのであれば債務整理をする方法が現実的ではないでしょうか。

借金返済で生活が大きく圧迫されている。
返済を続けても、元本がなかなか減らない・・・何年支払ったら借金が無くなるのだろう・・・?

といった状態であれば、早めに借金問題の解決を目指された方が良いのではと思います。

多くのシングルマザーが債務整理を行い、生活の立て直しをしています。

悩んでいる間にも、また支払日がやってきます。

返済のために新たに借入をする・・・といったことは、借金地獄の始まりです。

母子家庭、シングルマザーの借金問題、一度、専門家に無料相談をされてみてはいかがでしょうか。

⇒ イージス法律事務所 借金減額シミュレーター

-借金減額
-, ,

Copyright© 債務整理 無料相談| 確実に借金減額したい方へ , 2019 All Rights Reserved.