借金500万を任意整理したい

任意整理

500万を任意整理すると、月々の返済額はいくら?

更新日:

500万を任意整理 月々の返済額

借金が500万円ともなると、自己破産しかないのか・・・と悩む方も多いと思います。
しかし、自己破産だけは避けたい。なんとか任意整理で返済を続けていけないだろうか?
借金500万円でも任意整理をすることは可能ですが、問題は返済能力です。
借金500万円を任意整理した場合の月々の返済額について、まずみていきましょう。

借金500万、任意整理できる?月々の返済額はいくらになる?

借金の総額が気付けば500万円ほどになっていた・・・こうした借金額になると借入社数も5社、6社となっている方が多いと思います。

さすがにもう毎月の返済が厳しく債務整理しかない、とお悩みになっている方も多いのではないでしょうか。

しかし債務整理をするにしても、デメリットを考えると自己破産はやはり避けたい・・・
世間体もある・・・。

そこで悩みの無限ループにはまってしまっている方も少なく無いと思います。

借金が500万円もあると任意整理は無理なのでしょうか?

それには借金500万円を任意整理した場合の月々の返済額をまず知ることから考えていく必要があります。

借金500万を任意整理して、何年で返済するかによって月々の返済額が変わってきます。

もし返済可能であれば、任意整理で進めたいといった場合のご参考になりましたら幸いです。

借金500万 任意整理した場合、月々の返済額

例えば、借金額が500万円ある場合で任意整理をした結果、それぞれの返済期間でどれくらいの月々の返済額になるかを見ていきましょう。

任意整理後、月々の返済額

    3年で返済する場合 : 月々の返済額 約13万9千円
    4年で返済する場合 : 月々の返済額 約10万4千円
    5年で返済する場合 : 月々の返済額 約8万3千円
    6年で返済する場合 : 月々の返済額 約6万9千円
    7年で返済する場合 : 月々の返済額 約5万9千円

といった月々の返済額になります。

もし取引開始時期はグレーゾーン金利の頃で返済期間が長かった借金があった、といった場合には過払い金を取り戻せる可能性もありますから、専門家へ相談をされるのが一番良いです。

⇒ 過払い金・債務整理の実績が豊富、費用も安い【東京ロータス法律事務所】

ただ、多くの方は過払い金が発生しない時期に借入をしていると思いますし、ショッピングリボはそもそも過払い金が発生しませんから、任意整理について相談をしてみてください。

任意整理の返済期間について

任意整理を行った結果、出来れば月々の返済額を少なく出来ると、やはり返済は楽になりますよね。

しかし、任意整理の返済期間に関しては原則3年です。
貸金業者との交渉次第で長くても5年で和解。

よほどの事情があれば7年など長期間での和解が可能となるでしょう。

もちろん、貸金業者との交渉に当たる弁護士や司法書士の交渉力がとても重要となってきます。

任意整理の手続きに関しては、債務整理に強く、実績が豊富な弁護士へ相談をすることが必要です。

返済可能かどうかが任意整理では大切です

任意整理は支払利息をカットし、返済をすることが必要です。
そのため返済能力が問われることになります。

なんとか3年で返済したい、と思ったとしても生活費を全て月々の返済額に回せる場合には可能と判断されるかもしれません。

しかし一般的な会社員の年収で、ひとり暮らしなどの場合には、月々14万円近くを返済するのは不可能です。

ですから、月々の返済額約 8万3千円で5年かけて返済、さらに交渉してもらい7年で完済を目指す、といったことをお考えになる方が多いのではないでしょうか。

ただ、最も注意しなければならないのは「任意整理中に滞納してしまう」ことです。

つい早く返済を終えたいという気持ちがありますから、

「その時の収入で最大限、支払える金額」

で考えてしまいがちです。

ギリギリの返済プランで立ててしまうと、万が一に備えての貯金が難しくなります。

何らかの事情で休職、無職となってしまった場合。
突発的な出費があり、そちらにお金が回ってしまった場合など、滞納してしまう可能性もあります。

任意整理をした場合、一般的な和解内容では延滞が許される回数は「2回」とされるケースが多いです。

2回というと2ヶ月ですよね。

この間に金策をして、しっかりと返済をまた続けることが出来なければ、和解内容が無効となってしまいます。

任意整理中は、滞納には気をつける必要があります。

それには、返済プランを考える時に、月々の返済額を余裕を持って考えることが大切となります。

借金500万円、やはり任意整理は無理な場合どうする?

借金の総額が500万円もあると、やはり任意整理は難しい。

消費者金融などとの返済期間を長く取る交渉が難しい、となった場合には任意整理の他の債務整理を考える必要があります。

  • 個人再生
  • 自己破産

いずれかの債務整理の手続きを考えることが必要です。

個人再生

借金500万であれば、個人再生を行うことで借金が5分の1まで減額出来る可能性があります。

もしマイホームをお持ちであれば、住宅を処分することなく(住宅ローン特例)、債務整理を行えるメリットもあります。

自己破産

借金500万円を全て免債(帳消し)にしてもらうことができます。

こうした借金減額の方法について、どういった方法があなたの今の状況に適しているかを無料の借金減額シミュレーターを利用することで調べることが出来ます。

⇒ イージス法律事務所 借金減額シミュレーター

借金500万円、解決に向けてまずは専門家に相談を

借金の総額も500万円となると、返済がさすがに難しく自己破産をするしかない・・・と悩んでしまう方も多いと思います。

しかし、自己破産は全ての資産を処分する必要もありますし、デメリットも大きいです。

職業の資格制限に該当される方もいるでしょう。

(ちなみに、借金理由がギャンブルや浪費、投資といった場合でも自己破産は可能です。免責を受けられるケースは多いです)

親戚を含め、世間体もあり自己破産だけは避けたい・・・といった気持ちをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

一人で悩んでいても、ネガティブになっていくだけです。

債務整理の専門家である弁護士に相談をすることで、自己破産の他での解決を相談することが出来ます。

債務整理の経験が豊富な弁護士は、同じような相談者が過去にもいた可能性がありますし、もっと借金額の多い事例も経験しているでしょう。

こうした専門家の知識、経験を活かすことで、今後のあなたの借金問題の解決に最も適した方法を探っていくことが出来ます。

借金問題は諦めなければ、必ず解決できる問題です。

一人で悩まず、まずは匿名・無料での相談からはじめてみてはいかがでしょうか。

⇒ イージス法律事務所 借金減額シミュレーター

-任意整理
-,

Copyright© 債務整理 無料相談| 確実に借金減額したい方へ , 2019 All Rights Reserved.