債務整理 無料相談の紹介 > 債務整理後の生活 > 自己破産しても年金は受給できる?

自己破産しても年金は受給できる?


自己破産すると財産を没収されます。

20万以上の価値ある財産や、99万を超える現金が対象になっていますね。

退職金にも資産に含まれますが、年金はどうなのでしょうか?

また、年金生活者でも自己破産できるのでしょうか?

結論から申し上げると、年金は差押えの対象外ですし、年金生活者でも借金の返済が不可能なら自己破産できます。

そして自己破産後に受給する国民年金、厚生年金、共済年金も普通に受給できます。

詳細に関しては弁護士に相談して頂きたいのですが、公的な年金に関しては、自己破産後も支給を受けることが出来ますね

ただし民間の生命保険会社から支給される個人年金に関しては、基本的に資産とみなされます。そのため、自己破産すると債権者への支払に充てられるでしょう。

また、銀行に借金があり、その銀行で年金の振込口座を開設している場合は注意が必要です。弁護士や司法書士受任通知が送られると、銀行が口座を凍結しますから、お金を引き出せなくなるんですよね。

対策としては、前もって振込先口座を変更する必要があるでしょう。

自己破産しても年金を受給できます

自己破産時に価値ある財産がなければ、基本的に同時廃止となり、簡易な手続きで済みます(借金理由がギャンブルや浪費は別です)

しかし価値ある財産があれば、破産管財人によって換価処分されますね。前述した退職金や生命保険の解約返戻金、住宅や自動車も価値があれば破産財団に組み込まれます。

自己破産後の年金

国民年金や厚生年金は対象外ですし、自己破産以降も支給を受けることが出来ます。また給料に関しても、自己破産後に支給されるものは受けられますね。

あくまでも、自己破産時点の財産が対象になる、ということです。

年金が受給できなければ生活に困りますし、自己破産に二の足を踏んだ結果、借金が払えず自殺に追い込まれる高齢者が増えるのではないでしょうか?

そうなれば破産法の趣旨に反しますし、自己破産、免責によって人生再建に繋がりませんから、自己破産しても問題なく年金を受給できますよ。

また、年金を担保にお金を貸し付ける行為も禁止されています。

まっとうな貸金業者は法律を守っていますが、闇金業者の中には、年金を担保にお金を貸し付ける可能性がありますので、注意して下さいね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自己破産しても年金は受給できる?:関連ページ

債務整理後にクレジットカードは作れる?
債務整理後にクレジットカードは作れるのでしょうか? 債務整理には任意整理、個人再生、自己破産と種類がありますが […]
債務整理するとどうなる?
債務整理するとどうなるのか…気になりますよね。 借金問題の解決には勇気が必要ですし、ギリギリまで借金を返し続け […]