債務整理 無料相談の紹介 > 債務整理後の生活 > 債務整理後にクレジットカードは作れる?

債務整理後にクレジットカードは作れる?


債務整理後にクレジットカードは作れるのでしょうか?

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産と種類がありますが、どの方法を選んでも信用情報機関に登録されます。

いわゆるブラックリストですね。

債務整理後のクレジットカードって?

そしてブラックリストから債務整理の情報が消えるまで、5~10年はかかるでしょう。

自己破産を申請して、免責が下りれば借金免除されますが、任意整理と個人再生は返済を続けることになります(利息カットや元本減額はありますが)。

そのため、「借金完済から5年程度で信用情報機関から消える」という情報もありますし、「債務整理の時点から5年程度で消える」という情報もありますね。

その辺りはケースバイケースではないでしょうか。

少なくとも言えるのは、信用情報機関(ブラックリスト)から債務整理の情報が残っている間は、クレジットカードの作成は難しいですね。

クレジットカード会社は審査の過程で信用情報機関を利用しますので、過去に債務整理を行った事実があり、その情報が残っている間は厳しいのです。

カード審査に通過する可能性はある?

もちろん各カード会社の判断によりますので、審査に通る可能性はゼロではありません。しかし現実的に考えて、非常に厳しいと言えます。その理由として…

・株主の存在
・税務上の損金に出来ない

がありますね。

債務整理者への貸し付けは、回収にリスクが伴います。債務整理者でもクレジットカードが作成できる、キャッシング可能となれば…株主に対して言い訳が出来ないですよね。

カード会社は規模が大きく、東証一部上場企業や関連グループも多いので、株主目線で考えて難しいでしょう

また、1年以上返済が滞っている債権は貸し倒れ処理にできますが、債務整理者への貸し付けは貸し倒れにならず損金扱いできない…というデメリットもあります。

そのため、事故情報が信用情報機関に残っている間は、クレジットカードの作成が厳しいです。

私もクレジットカードの借金を整理しました

私も任意整理していますが、その頃は「カードが使えなくなること」を極端に恐れていましたね…。

クレジットカードのキャッシングで日々を凌いでいる状態でしたし、2枚のカードを交互に回して生活していました

A社の返済で限度枠に余裕ができる。マックスまで借入れる。それをB社の返済に回す。B社の限度額に余裕ができる。やはりマックスまで借入れ。それをA社の返済金に回して…という生活を何年も続けていたのです。

少し間違えれば延滞する状況でしたし、実際にお金を用意できず、借金返済がムリになりました。その後に催促の電話が鳴り始め、すぐに返せるアテもないので司法書士へ無料相談。そして任意整理という流れですね。

初めて司法書士事務所を訪れた際、

「クレジットカードを出して下さい」

と司法書士の先生に言われ、財布からカードを2枚出して渡したときは…さすがに落胆しましたね。情けなくて、悔しくて、惨めで、どうしようもない人間に思えて…ずっと下を向いていましたね。

でも、司法書士がカードにハサミを入れている姿を見て、肩の荷が一気に下りました。その瞬間、今までの苦しみから解放されたような、新たな世界に進める気がしたんですよね。

任意整理後に人生が変わりました

実際、クレジットカードが使えなくなったその日から、全く別な人生がスタートしました。

それまでは借金まみれ、借金地獄、借金漬けの日々でしたし、24時間お金のことばかり考えていましたが、任意整理後は利息カット、月々の返済額も見直してもらえましたので、返済が楽になったんですよね。

何より金銭に対する意識が変わりました。私には浪費グセがあり、お金が入っても無駄遣いする性格でしたが、任意整理後は改善されています。

なかなか貯金はできないですが、それでも大切なものからお金を使うようになりました。遊興費の前に家賃を払い、水道光熱費を払い、パソコンの通信料や携帯料金を払う生活を続けています。

携帯電話に関しては、収入が低かった頃はパケット使い放題を解約して節約していましたし、冬のストーブ代を少しでも節約するため、家の中で重ね着していたこともあります。

今はそれなりに収入があるので、以前のような生活ではありませんが、支出に関して敏感になれるのも債務整理のメリットですね。

まだ借金完済前なのでクレジットカードに申し込めませんが、完済後もカードを作る予定はありません。

個人事業者なのでカードを作りづらいということもありますが、クレジットカードが無い生活に不便を感じていないんですよね。

インターネットは日常的に使っていますし、ネットショッピングも行っていますが、全てデビットカードで済んでいます。

デビットカードは使った瞬間に口座から引き落としされるので、使いすぎることがありませんし、ちゃんと支出管理できますよ。

クレジットカードは魔法の杖ではない

クレジットカードはとても便利ですし、初めてカードを持った瞬間、世界が変わった気がしませんでしたか?

少なくとも私はそう思いましたし、特にリボルビング払い(リボ払い)のキャッシングなら、簡単にATMで借入れが出来ます。最初は罪の意識があっても、あまりの簡単さに慣れてゆくのです。

しかし気付けば、利息しか減らない生活、借金で借金を回す自転車操業に陥りやすいんですよね。

我々は消費社会に生きています。

テレビでも雑誌でもインターネットでも、消費を煽る広告が多いです。しかし手元にお金がない。それでもカードを使えば買い物ができる、欲しいものが買える、海外旅行にも行ける…と思ってしまいます。

特にTwitterやFacebookのようなソーシャルネットを見ると、セレブな人間の書き込みが目に付いたり、自分とは違う富裕層のプライベートをかいま見ることもありますね。

クレジットカードを使えば、一時でもそのような生活が実現できる…そこまで極端じゃなくても非日常を体験できる…そう思うことがあるんですよね。

債務整理後にお金の勉強を行いましょう

男性の借金理由ツートップは『ギャンブル』と『風俗』だそうです。女性は『エステ』と『ホストクラブ通い』と言われています。

パチンコや競馬のようなギャンブルには軍資金が要りますし、風俗やキャバクラもそうですね。脱毛エステや痩身エステに通うのも、ホストクラブに通うのも同じです。

そのお金が簡単に手に入るのが…クレジットカードのキャッシングではないでしょうか。

我々はクレジットカードの正しい使い方や、サラ金に関する知識を学ばず大人になりました。

特に(任意整理前の私のように)衝動買いが好きなタイプ、お金を節約できず浪費グセがあるタイプは、クレジットカードを持った瞬間に、意識が変わるんですよね。「これで何でも買える」と。

確かに債務整理すれば、一定期間クレジットカードは持てませんが、この機会にお金の勉強を行ってみてはどうでしょうか?

住宅ローンや自動車ローンを組みたい場合も、頭金を貯める期間として考えると良いですね。

クレジットカードがない生活も決して悪くありませんよ。私は何の不自由も感じていませんし、憑き物が落ちたような気さえしています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

債務整理後にクレジットカードは作れる?:関連ページ

自己破産しても年金は受給できる?
自己破産すると財産を没収されます。 20万以上の価値ある財産や、99万を超える現金が対象になっていますね。 退 […]
債務整理するとどうなる?
債務整理するとどうなるのか…気になりますよね。 借金問題の解決には勇気が必要ですし、ギリギリまで借金を返し続け […]