債務整理 無料相談の紹介 > 債務整理後の生活 > 債務整理するとどうなる?

債務整理するとどうなる?


借金100万 任意整理

債務整理するとどうなるのか…気になりますよね。

借金問題の解決には勇気が必要ですし、ギリギリまで借金を返し続ける債務者が多いです(私もそうでした)。

しかし多重債務で複数のサラ金から借金していたり、複数のクレジットカードで生活を回している状況は長続きしません。

キャッシングをリボ払いで返済しても完済は遠いですし、それに加えて自動車ローンや住宅ローンを抱えていれば、どんどん追い込まれていきますね。

「債務整理するとブラックリストに載るから…」とためらっている方も多いです。実際、任意整理でも個人再生でも、自己破産してもブラックリストには掲載されます。

厳密には信用情報機関に情報が登録されるわけですが、消えるまで5~10年かかりますし、その間は借金も出来なければクレジットカードも作成できません

しかし任意整理なら借金整理する相手を選べますし、個人再生ならローン支払中のマイホームを残せる可能性がありますよ。自己破産は一定の価値ある財産を全て没収されますが、それでも借金漬けで苦しむより良いでしょう。

債務整理は周囲にバレない?

債務整理=任意整理と考えているなら、官報に掲載されることも無いですし、自分から借金整理の事実を言わなければ、周囲にバレることもほぼありません。

私自身、任意整理の経験者ですが、ずっと内緒にできましたし、知り合いの主婦も、旦那さんに秘密で弁護士に任意整理を依頼していました。郵便物のやり取り、連絡の方法さえ打ち合わせすれば、家族や職場にバレることはまずありませんね。

そして任意整理すれば、基本的に利息カットされます。利息がゼロになれば、ぐっと借金返済が楽になりますし、新たな借入れが出来ないので、必然的に収入の範囲内で生活することになります。

私も含めて、借金依存で借金まみれになる人間の多くが、自分に甘いです。それは低収入でも生活苦でも変わりません。何だかんだとお金を使いすぎていたり、自暴自棄になっていませんか?

それなのに、全てを周りのせいにしてしまうんですよね…。

しかし債務整理を行えば、借金漬けの生活を見直すことになりますので、収入と支出に敏感になりますし、結果的に借金なしでも暮らしていけるようになります。

たとえば、私が暮らしているアパートの家賃は約2万円です。訳あり物件ですし、生活スペースは4畳半しかありませんが、それでも住み続けています。

収入アップすれば、完済前でも引越しを考えていますが、そうでなければ借金完済まで住み続ける覚悟です。年齢的に30代後半ですし、同じ世代の平均収入、平均的な住居と比べれば、見劣りするのは間違いありません。

それでも、任意整理以後に生活を見直して、固定費を極限まで削って生活しています。

債務整理は生活改善に繋がります

また任意整理を行う前は、手元にお金があればある分、すぐに遣ってしまう性格でしたが、今は改善されています。

浪費グセを完全に無くすことは出来ませんが、毎月家計簿を付けて収支を管理することで、大切なものからお金を遣えるようになりましたね。

遊興費よりも生活費、家賃、水道代、電気代、ガス代を優先させたり、以前は携帯電話のインターネット接続をストップして、ぎりぎりの生活を送っていました。

それでも何とかなるものです。

債務整理前は不安でいっぱいでしたが、実際に弁護士や司法書士に無料相談し、正式依頼を行えば気持ちが楽になりますよ。

激しい取り立てを受けていても、法律事務所へ依頼後はピタリとストップしますし、それだけで夜もぐっすり眠れるのではないでしょうか。

私自身の感想としては、「債務整理はデメリットよりもメリットの方が多い」と断言できます。

任意整理は利息カット、個人再生は元本もカット、自己破産は借金免除、どの債務整理を選んでも今より楽になりますし、まずは法律家に相談してみて下さいね。

闇金の取り立てに悩んでいる場合も、ヤミ金に強い法律事務所に問い合わせると良いでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

債務整理するとどうなる?:関連ページ

自己破産しても年金は受給できる?
自己破産すると財産を没収されます。 20万以上の価値ある財産や、99万を超える現金が対象になっていますね。 退 […]
債務整理後にクレジットカードは作れる?
債務整理後にクレジットカードは作れるのでしょうか? 債務整理には任意整理、個人再生、自己破産と種類がありますが […]