債務整理 無料相談の紹介 > 借金地獄から脱出する > 借金問題の解決に必要なこと【思い込みを捨てる】

借金解決に必要な考え方って?


借金問題の解決

先日、多重債務の女性と話す機会があった債務太郎です。

その女性は家に泥棒が入ったことをきっかけに毎月の生活が苦しくなり、消費者金融から借金を行ったそうです。

借金理由としては、なかなかハードですよね…。

大体最初の借金って、冠婚葬祭の費用だったり、友達と行く旅行の費用、恋人に見栄を張るためのデート代や、給料日までの生活費など、軽い気持ちで行うことが多いです。

しかし自宅に泥棒が入られお金を盗まれたら…そのお金が全財産だったら…一気に生活が苦しくなりますし、家賃や水道光熱費を支払うのも困難になるでしょう。

そのような場合に思い浮かぶのは、やはり借金ではないでしょうか。

連帯保証人となり借金が増える

彼女も生活費のために、消費者金融から最初の借入れを行いました。さらに友人の連帯保証人になっていたらしく、その友人と連絡が取れなくなり、貸金業者からの督促が届くようになりました。

連帯保証人については別な機会に記しますが、絶対になってはいけません。催告の抗弁権、検索の抗弁権が無いからですね

催告の抗弁権とは「まずは借金した本人に請求して下さい」という権利。

検索の抗弁権とは「借金した本人の財産、収入を証明するので、まずそちらから請求してください」という権利です。

そのどちらも連帯保証人には認められていませんので、貸金業者は借金した本人に請求しなくても、いきなり連帯保証人に請求することが可能なんですよね。

話が脱線しましたが、彼女は信頼していた友人の保証人となり、友人が失踪したため、借金を背負うことになりました。自分の借金に加えて友人の借金も支払うわけですから、重い負担になりますね。

ピーク時の借金総額は言っていませんでしたが、現在は200万の借金があるそうです。過去には借金滞納で裁判所から訴状が届き、実際に裁判所まで行ったこともあるそうです。

弁護士も様々です

2015年現在、別な貸金業者から支払督促が届いているようなので、「弁護士に相談しないの?」と聞くと、「弁護士に相談しても一緒でしょ?」と言っていましたね。

以前に一度、弁護士に無料相談したものの、その事務所の印象が悪かったそうです。と言うよりも、「今の状況では債務整理してもしなくても変わらない」と言われたようです。

どのような基準で弁護士がそう言ったのかは分かりませんが、少なくとも借金問題に強い弁護士、司法書士に相談する必要がありますし、最初の弁護士の印象が悪かった場合は、別な事務所に相談する方が良いでしょう。

弁護士といっても人間なので様々なタイプがいますしね。

借金が増えると意固地になる

私が最も危険に感じたのが、彼女の思い込みです。「弁護士に相談しても意味がない」「分割で費用を支払うなら今と変わらない」と言っていて、周囲のアドバイスに耳を塞いでいました。

借金理由を考えれば人間不信になるのも分かりますし、自分一人で頑張ってきたのでしょう。その気持ちは良く分かります。

しかし人は、借金が増えれば増えるほど頑固になりますし、変なプライドも高くなるんですよね。結果的に思い込みが激しくなり、自分の世界が全てと感じるようになるのです。

私も借金が100万、150万、200万と増えていた頃は、頑固で傲慢でした。その時の自分を否定しない情報だけを受け入れていましたね。たとえば…

「男は借金を背負ってなんぼ」
「借金が行動のエネルギーになる」
「何かで一発当てれば簡単に借金は返せる」
「キャッシングの借金は借金に入らない」

などなど。

そして債務整理や自己破産という言葉から目を背けていましたし、弁護士や司法書士に相談するのは恥ずかしいとさえ思っていました。

頑固で意地を張れば張るほど、情けない自分が浮き上がりますし、時に頭を抱えて鬱状態になったり、眠れない日々が続きましたね…。

思い込みを捨てて借金問題を解決しましょう

強がる気持ちの裏側には恐れがあります。

不安で不安で仕方がない、借金がどんどん膨らんでヤバい、次の借金返済日にお金を用意できるだろうか、こんな生活いつまで続くのだろう、もう借金から逃げ出したい、自殺したい、全てを終わらせたい…

しかしながら、借金の事実に真正面から向き合えば、解決の糸口はつかめるものです。現実逃避し続けた分、借金と向き合うのは苦しいですが、いつまでも逃げ続けるわけにはいかないんですよね。

勇気を持って、真正面から借金を受け入れ、そして解決に向けて動き出す必要があります。そうしなければ、どんどん状況は悪化していきますからね…。

多重債務で苦しい状況でも、法的に借金整理したり、任意で和解交渉がまとまるかもしれません。

その手続きを自分自身で行うのは難しいですし、やはり債務整理に強い弁護士、司法書士に任せるのがベストですよ。

借金問題を解決するには、自分の弱さを認めることです。恐れを受け入れることです。そうすれば思い込みを手放すことが出来ますし、結果的に借金問題をクリアして、新たな人生を歩むことが出来るでしょう。

少なくとも私は法律事務所に借金相談して、地獄のような日々から脱出できました。ぜひあなたも、借金の苦しみから解放されて下さいね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

借金問題の解決に必要なこと【思い込みを捨てる】:関連ページ

借金まみれ 債務整理を考える瞬間って?
借金まみれになると…債務整理を考える瞬間がありますよね。 まだ支払を続けられる、ギリギリでも毎月返済できると思 […]
借金まみれ 脱出
借金まみれから脱出する方法をお話しますね。 借金まみれになると首が回りません。良く比喩で使われる言葉ですが、物 […]
キャッシング依存で借金地獄へ
クレジットカードは便利なものです。 情報化社会の今、カードがなければネットショッピングが不便ですし、海外旅行に […]
生活苦で借金地獄へ落ちたあなたへ
借金地獄に落ちる理由にギャンブルがありますが、それ以上に生活苦が原因の借金が多いそうです。 自己破産者の破産理 […]
多重債務の借金を整理する
多重債務の借金地獄で苦しんでいるあなたに読んで頂きたいページです。 1980年代~90年代にかけて、サラ金地獄 […]
マルチ、ネットワークビジネスの借金を整理する
マルチ、ネットワークビジネスで借金を重ねているあなたへ。 弁護士さんの話では、ネットワークビジネスが原因で消費 […]
借金100万! 私も任意整理で返済中!
100万円って切りの良い数字ですよね。 貯金100万なら安心できますが、借金100万は危機感が高まります。。 […]
消費者金融の審査に落ちたら債務整理
貸金業務取扱主任者の資格取得を目指している債務太郎です。 サラ金地獄の時代は、消費者金融の審査も緩かったですね […]
借金地獄 体験談【後編】
借金自体は、決して悪いものではありません。 ヤミ金のような暴利でなければ、計画を立てて返済できる範囲であれば、 […]
借金地獄 体験談【前編】
債務太郎です。今回は私の借金地獄体験談をお話しますね。 中にはもっと地獄へ落ちた、闇金に手を出して自殺を考えた […]