債務整理 無料相談の紹介 > ギャンブル借金 > 競馬の借金は任意整理できる?

競馬の借金は任意整理できる?


競馬が理由の借金で悩んでいるあなたへ。

競馬や競輪、パチンコ、パチスロのようなギャンブルが理由の借金でも、任意整理は可能です。

自己破産の場合は免責不許可事由(借金が帳消しにならない)に該当しますが、任意整理は借金理由を問われないんですよね

その代わり、自己破産のような借金免除ではなく、

・遅延損害金と利息のカット
・月々の支払い額の見直し

で和解交渉がまとまることが多いです。

他にも、長年借金返済を続けていれば、過払い金が発生しているケースがありますね。

目安は2006年以前からの借金でしょうか。

年利29.2%が認められていた時代(少なくとも消費者金融やクレジットカード会社がそう判断していた時代)から借金返済を続けていれば、元本減額、および過払い金が発生していることがありますよ。

完済済みの借金でも、時効期間の10年以内なら過払い金を取り戻せることがありますので、まずは弁護士や司法書士に相談してみて下さい。

それは競馬が理由の借金でも同じです。

ただし前述したように、任意整理はあくまでも『利息免除や返済額の見直し』なので、過払い金がない限り、借金返済は続きますね。

任意整理後を考えましょう

私も任意整理を体験していますが、たとえ利息ゼロでも、毎月借金返済を続けるには、金銭感覚を見直す必要があるんですよね。

今までと同じようにギャンブルが生活の大部分を占めていたり、いつも競馬のことが頭から離れなければ、任意整理後の借金返済が難しいかもしれません。

競馬の借金 任意整理

任意整理も信用情報機関に登録されますので(いわゆるブラックリスト)、その後、借金はできなくなるんですよね。

しかし自己破産も個人再生もブラックリストに登録されますし、一定期間が過ぎれば情報が消えます。

任意整理から5年で消えるという見解もあれば、完済から5年という見方もありますが、自身の信用情報は問い合わせることが可能です。

それは先のこととしても、競馬がパチンコが習慣になっていれば、「もうサラ金から借金できない。もうキャッシングで借入れできない」ことに絶望を感じるかもしれません。

私も任意整理直後はそうだったんですよね。

カード依存の生活を続けていましたので、財布にクレジットカードが入っていない現実を受け入れることに時間が掛かりました。

しかしカードがなければ、お金を遣いすぎることはありませんし、それは銀行のカードローンや消費者金融も同じではないでしょうか?

今は総量規制がありますから、簡単にお金を借りることはできません。除外や例外があるにしても、ノンバンクの借金は年収の3分の1までと決められているんですよね。

そうは言っても、借金できない状況にストレスを感じることもあるでしょう。

競馬をやめられなければ、友人知人から借金を重ねたり、生活費の大半を馬券に突っ込んだり、家族が泣きながら「もう競馬はやめて!」という声を無視して…

「今日勝てば大丈夫だから」

と伝えながらも、全財産すって頭を抱えるかもしれませんね。

借金整理は人生のターニングポイント

競馬や競輪、パチンコやスロットのようなギャンブル依存は根深いですが、本気で反省し、今の状態から抜け出すと決意すれば、任意整理後に変わることもできるでしょう。

私もアルコール依存で繁華街で毎日のように飲み続けましたが、今は克服しています。完全にお酒はやめていませんが、借金してまで飲むことはないですね。

ギャンブル中毒になると金銭感覚がマヒしますが、任意整理によってお金の使い方に敏感になり、収支をコントロールできるかもしれません。

もう借金できないわけですから、現在の収入でやりくりする必要がありますし、任意整理が人生のターニングポイントになる可能性が高いですよ。

競馬依存を克服するためにも、任意整理を考えてみて下さい。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

競馬の借金は任意整理できる?:関連ページ

パチンコ依存症は多重債務が多い?
ギャンブルの中でも、パチンコ、スロットは常習性が強いですね。 常習性が強ければ依存症になりやすいですし、依存症 […]
なぜギャンブルで勝っても借金は減らないの?
なぜギャンブルは借金が増えるのでしょうか? 結論から申し上げますと、ギャンブルは勝っても負けても同じだからです […]
パチンコは勝っても負けても借金地獄
両親がパチンコ依存だった債務太郎です。 パチンコは勝っても負けても借金地獄になりやすいです。負けた時は分かりま […]